無真獣の巣穴

らくがきとかゲームとかなんかそんなん。

前進するための後方確認 - Tell Me Why レビュー


※この記事には重大なネタバレは含まれませんが、細かなネタバレは大量にありますので、これからプレイする予定の方はご注意ください。特に作品内で情報を探すのが好きな方は注意。

 

f:id:musinju73:20200921225917j:image


DONTNODによるアドベンチャーゲーム「Tell Me Why」先日クリアしました。発売してすぐ買ってすぐプレイしてすぐクリアしたゲームって、もしかすると人生初ですね。3章構成で1週間に1章ずつ配信される作品だったので、次の章が配信されるまでの間、先が気になってだいぶ悶えました。

この作品の主人公は双子で、トランスジェンダー男性とシスジェンダー女性という組み合わせです。トランス男性が主人公の1人!これだけで予備知識なしで買いました。Life Is StrangeのDONTNODだというのもありましたけど。映画やドラマではそこそこあっても、トランスジェンダーが主人公のゲーム作品ってかなり珍しいのでは。

 


ここで簡単なあらすじを。

かつてアリソンとタイラーの母親メリーアンはタイラーがトランスジェンダーであることを受け入れておらず、幼いタイラーが髪を短く切ったある日、その様子に激怒し、銃を持って彼を追いかけます。

桟橋に追い詰められたタイラーは持っていたハサミで母親を刺してしまい、メリーアンは湖に落ちて死亡。彼は正当防衛であったと見做されるもファイアウィードという施設に送られ、アリソンは顔馴染みであった警察官の元に引き取られることに。生まれてからずっと一緒だったアリソンとタイラーは離れ離れになってしまいます。

そんな2人が10年ぶりに再会し、実家を売るため家の片付けを始めます。しかしそこであるものを発見したことがきっかけで、2人は10年前の事件の真相を探ることになるのでした。

 


と、だいたいこんな感じのお話です。

最後までプレイしてみて、正直そんなに驚きの事実が出てきたり、見事な謎解きが展開されるわけでもなく、結構地味な印象を受けました。情報を集めてみたら、子供の頃には分からなかった母親の状況について解像度が上がった…という感じですかね。結構じんわりした味があって自分は好きです。

全体的に短めで、一気にやれば2〜3日であっさり終わる感じです。アクション要素はなし。ちょっとしたミニゲームがあったりはします。パズルを何度か解く必要がありますが、そのために長いゲーム内書籍を読まねばならないのがちょっと大変かな…と。どうしても読みやすくはないし、本当に長いので。

せめてもっと字が大きくできるか、読み上げてくれたらなあ。物語の全貌が見えてくると内容も違って見えてきますし、結構面白い書籍ではあります。

 


決して派手な作品ではないですが、地元の小さな町の「普通で親切な人々」の描き方は非常に鋭いものでした。

かつて周囲から見れば「女の子」であったタイラーが、こざっぱりした青年になって帰ってくるわけですが、早々にろくでもない反応を貰えます。トランスジェンダー当事者の方は要注意です。コントローラーぶん投げてモニター壊したら大変なので。

まあ、あからさまに酷い反応をされるのは最初だけで、その後はほとんどないですし、普通に男性として(少々ステレオタイプに…)扱われます。あんまり長々と酷い反応描くと当事者プレイヤーの命に関わりますしね。いや本当に。

 

デロス・クロッシングの町の人々は基本的には親切ないい人たちであるわけですが、情報を得ようと探りを入れることで、どんどん別の一面が明らかになっていきます。

と言ってもとんでもない悪党だったり物凄い秘密が出てきたりするわけではなく、「善良さ」をまとった「残酷さ」がぼろぼろと出てくるんですよね。この描写が非常に鋭いな!と思うのですが、ピンとこない人にはピンとこないものであるかもしれません。

 

ここでの「残酷さ」はどれもある意味分かりにくいものです。誰かにあからさまに侮辱的な言葉を投げつけたり、ひどく差別的な扱いをして苦境に陥らせたり…というものではなく、皆基本的にはよくしてくれつつ、本当の意味では助けにならないということ。むしろじわじわと追い詰めます。

さらにそれを追求されると「知らなかったから」「仕方がなかったから」「あれは決まりだから」「あの人は精神的に不安定だったから」と、自分の問題を振り返ることを避けようとします。そして過去を問おうとする2人に「もう前に進むべきだ」と促すのです。

「前進する」ということは作中で何度も言及されます。もちろん主人公たちも新しい一歩を踏み出すために実家を片付けに来てるわけですし、町の人たちは忌々しい事件を忘れたいのです。しかし、主人公2人は無視できないものを発見してしまったために、過去を追求していきます。

 

実のところプレイヤーとしても過去は忘れて早く新生活を送ったらいいのでは!という気持ちではありました。しかし、自身の都合の悪いことには目を背け、主人公たちに「前進」を促すうわべの優しさを目にするうちに、むしろ誰もが自分を振り返らないことの方に対して違和感が大きくなっていきます。

 

この作品には「自分を振り返ることなしに本当の意味での前進はできない」というメッセージが強くあるかもしれないですね。自分の行いや振る舞いを振り返ることなく「もう前に進もう」とだけ促してくる大人たちの有様はとても醜いものです。

過去を掘り返さず、波風立たせない都合のいい存在のままであれという抑圧。その根底には変化に対する忌避や放棄も見え隠れしています。また、前進のために対立が避けられないことも非常に重要です。

どちらかといえば自分はもうこの主人公たちよりは町の人たちの立場の方に近いんじゃないかなあという気がしますし、彼らの態度の描写には思うところが多々ありました。

意図したものであれそうでないものであれ、誰かを追い詰めてしまうような「一見親切な残酷さ」は自分にもあり得るということですね。

 

f:id:musinju73:20200921231023j:image


この作品の人間関係はなかなか複雑でしんどいですが、アリソンの勤め先の同僚マイケルの存在は癒しですね。彼もまた複合的なマイノリティなのですが、やはり苦労は多いようで「生き残ることも一種の抗議の形」とのこと。泣ける。

他にも信頼できる人物はいますし、選択によるかもしれないですが、誰もが何も変わらないわけではありません。まったく希望がないわけではないってことですね。

 

それにしても過去の事件、当事者たちにとってトラウマになってしまった出来事を掘り返すのは危険なことでもあるわけで、アリソンがパニック発作を起こしてしまう場面はつられてこっちまで息苦しくなりそうでした。パニック発作などを実際に持ってる人はプレイに注意が必要かもしれません。

自分自身が壊れるまで過去を振り返ればよいというわけではなく、信頼できる人が必要だし、時には専門家などの助けを借りることが必要だというメッセージも作中には含まれています(そして地域によってはそれが難しいことも)。

 


ところでこのゲーム、同性同士のロマンス要素があり、心がくさくさしてるところに染み入る感じでよかったのですが、展開的にそれどころじゃなかったのでゆっくり見れませんでした。各チャプター、場面ごとにリプレイできるので、そこで色々選択を試してみるのも面白いでしょうね。もちろんロマンスしないこともできます。

トランスジェンダーや同性愛などの要素(それ以外のマイノリティでもそうでしょうが)があると「ポリコレに屈している」「押し付けがましい」といった見方をされることが割とありますが、むしろ作品のメインとして存在するのはシスジェンダーのみ、恋愛は異性のみ、という圧力が大きすぎるんだと思いますね。「普通」の圧力はあまりに大きすぎて見えにくい。

 

f:id:musinju73:20200921230024j:image


自分自身、マイノリティが作品の中心に存在することは大事なことだと頭では理解しつつ、この作品を実際にプレイするまではそんなにしっくりきていなかったかもしれません。

自分はトランス男性ではないですが、まあ近いようなところにいるためか、トランスジェンダーの主人公を操作できるのって想像以上にすっごい嬉しいな!?と、まず思いました。自分がキャラメイクした以外で「自分に少し似ている」と思える存在をゲームで見ることというのが皆無だったので、自分でも予想できなかった感慨がありました。

実のところ、「自分に少し似ている」と思える存在が物語の中にいる、それも中心に立っているという経験は、想像以上に重要なものだったのではないでしょうか。

自分は物語においての共感能力がかなり低い方だと思っていたんですが、もしかして共感できるような存在が物語の中に描かれてこなかったからなんじゃないか?ということを、この作品をプレイして初めて思いました。上手く言えないですが、とにかく今までにない感覚を味わいましたね。

 

最近は多様性を強く意識した作品が多く出てきてますが、結局マジョリティの主人公の引き立て役、世界観に深みを持たせるためだけの存在であるように感じていて、やっぱりマイノリティが中心に立った物語はかなり必要だと思います。マジョリティが物語から当たり前に経験できることを、マイノリティは経験しづらいんですよね。身をもってよくわかりました。

 

 

f:id:musinju73:20200921230118j:image

最後に、このゲーム、景観が本当にいいです。音楽もいいですしね。あんまり長居したくない実家だし、なんとも複雑な気分になる展開続きでゆっくり味わえないかもしれないですが。

ジュノーでの新生活をDLCでプレイできたりとか、ないですかねー。

あとひとつだけ気になるんですけど、なんでraccoonをタヌキって訳したのかが謎ですね。姿、どう見てもアライグマですから!っていうかアラスカにタヌキは多分いない…

 

 

 

 

 

今年も7月の魔物がやってきた!と思ったら8月になってた。

一応生きている無真獣73号です、こんにちは。なんか微熱出して会社から出勤を止められたけど別に保健所に相談したからって検査してもらえるわけでもなくただ家でストレンジャーシングス観てたりとか色々ありました。マスク生活のおかげで顔の皮膚が荒れ放題で痛くてやってられないけど今はまあまあ元気です。多分。微熱がだらだら続くのは自分にはよくあるからつらい。ストレンジャーシングスはヘテロラブ要素が強すぎるけど結構面白かった。ロビンがすごいよかった…。

 

気が付いたら魔の7月がやってきて、また歳がひとつ増えました。早いもんですね。今年もいろんな素晴らしいものをもらったり誕生日3日違いのフォロワーさんに絵を贈ったりなどしました。珍しく絵の過程を記録したので、ここにまとめておきます。

 

f:id:musinju73:20200816194249j:plain

↑別の紙に下書きしたものをパネルに水張りした水彩紙にトレス。フリーハンド雑パース。細かいことは気にしない気にしない。紙はホワイトワトソン。ちなみに構図を考えて下書きができるまでに2週間くらいかかっている。まあ放送大学の試験などもあったため…(感染予防のため自宅受験だった)。

f:id:musinju73:20200816194157j:plain

↑下塗り。絵具はホルベイン透明水彩。サップグリーンだけはクサカベ。

f:id:musinju73:20200816194305j:plain

↑アウトラインを描く。仕上がりを考えると濃い色で描きすぎたなあと思う。この時点でこれといった計画はあまりなかった。

f:id:musinju73:20200816200944j:plain

↑いい感じじゃね!?などと思い始める。こんな感じのテイストのまま仕上げてもよかった気がするのだがこの後やりすぎる。

f:id:musinju73:20200816200803j:plain

↑あ、なんかやりすぎてる…と思い始める。

 

f:id:musinju73:20200816194819j:plain

↑とりあえず突然ココナッツミルクと粉末ほうじ茶のゼリーを作る。舐めてみたけど別に美味しくはない。

f:id:musinju73:20200816194845j:plain

↑冷やしてできあがったらめっちゃ美味しかった。ココナッツミルクとほうじ茶が余ってたからってこの組み合わせはどうよ…と我ながら思ったけど思いの外よかったので満足する。気を取り直して絵の続きを描き始める。

 

~中略~

 

f:id:musinju73:20200816201935j:plain

↑音楽で気分を上げたり塗りすぎた部分を落としたりアレしたりコレしたりして完成!!試行錯誤しすぎたけどアレコレしすぎて紙に穴を開ける前に完成してよかったね。


f:id:musinju73:20200816205011j:plain

 ↑白黒加工してみた。少し前に行った博物館やfallout4の雰囲気を取り入れつつ、廃墟感出せたかな。

 

↓ちなみにこれらが自分がもらったもの。紅茶に台湾烏龍茶、あとロールプレイヤーっていうキャラメイクで終わる(!)ボードゲーム、ネコ型珪藻土コースターとキャンドルそのほか、ありがとうございました!!

f:id:musinju73:20200816205405j:plain

f:id:musinju73:20200816205807j:plain

f:id:musinju73:20200816210019j:plain

 

 

ボードゲーム初心者すぎてロールプレイヤーのやり方がいまだに理解できてなくて始める前に挫折しています。誰か教えてほしい。

 

 

 

 

 

近況報告など

あけましておめでとうございます。3月も半ばを過ぎました。生きてはいましたが、2018年10月あたりから積み重なるダメージ*1により不可逆的にどこか壊れました。最近は多少マシですが、元通りには二度とならないんだろうな、という気がします。

 

最近は放送大学に入学し、英語を勉強していたりします。全然無理そうですが。まったくしゃべれませんし、そんなに聞き取れませんし。独学含めもう1年以上基礎からやってるのにあんまり進展がない気がする。単位は取れました。4月からは全科履修生として卒業を目指さずだらだら勉強したいと思います…。他にも興味のある科目はたくさんありますんで。

 

あとは何度か書いたと思いますが、映像作品を見る機会が大変増えました。映画やアニメなど。映画は集中力維持するのが難しくて観るの苦手だったんですが、どういうわけか2019年はものすごい勢いで観ました。現実逃避しないと生きていられなかったからかも。ほとんどゴジラ映画だったわけですが。現在の感覚では見るのがつらい描写も多くありましたが、とにかく怪獣はいいなーと思いました。最近はハリウッドがかつての日本の怪獣映画の要素をめっちゃ詰めてきてる感じなので要チェックです。*2

数か月前からはNetflixを使い始めてまして、アニメの十二国記とか観たりしてました。懐かしかった。今見ると納得のいかない描写も多々ありましたが。小説の方読んでみたくなりました。まあ古い作品はだいたい今見るときついという表現が入ってますね。幽遊白書とかも全部見たんですが、面白いんだけど本当きついなという描写がある…。他にも久々に見たいやつとかあるんですが、ちょっと躊躇してしまいますね。*3今は蟲師観ている途中です。

で、Netflixのオリジナルアニメのドラゴン王子というやつがファンタジーな感じでかなり面白くて、まあちょっと批判的なことも含め*4いろいろ言いたいことが山ほどあるんで、ブログに書きたいなあとか思っています。書けるかわからないけど。ついでに英語も学習したいなあ。シーズン4楽しみですね。

 

あとはロマンシング サガ3のリマスター、クリアしましたね。ユリアン主人公で。プリンセスガードに入らなかったけど駆け落ちしたりね。なかなか面白かったですねー。エンペラーズサガやってたことにより断片的に知識があり、あっこういう話だったのか…と妙に納得したり。ロマサガ3やるまでは死ねないと思ってたので、生きる理由が減った気がするんですが、でもまだ2周目もやりたいかな…

 

と、まあ近況はそんな感じでした。あといろいろ考えた結果中途半端だけどフレキシタリアンみたいなこと*5をやっていて、人生分からないなと思ったりしています。以上です。また更新できるといいね。

 

 

そうそう、2020年3月19日(木) 12:00 から 2020年3月23日(月) 23:59 まで、SUZURIにてビッグシルエットTシャツが1000円引きですので、興味のある方はどうぞ↓

f:id:musinju73:20200319022848j:plain

 

*1:Twitter上にトランスジェンダーに対する差別的ツイートがあふれたため。かなり信頼を寄せていたアカウントもいた。恐ろしいような発言が繰り返された。現在も続いている。ここまで理解されていないと思っていなかった。誰も信用できないという気持ちが非常に強くなった。数か月間動悸や心臓の痛みが止まらなかった。なお、無真獣73号はノンバイナリーである。
また、昨年は同居していた祖父が亡くなり、葬儀の手配やいろいろな手続きに追われ、本当に大変だった…

*2:パシフィック・リムとかハイクオリティに仕上げたゴジラ FINAL WARSみたいな感じじゃないですか。やばい。すげえな。

*3:新しい作品でも日本のコンテンツは信用ならないのが残念である。

*4:おおむね主人公二人ちゅっちゅしすぎだろ!ということについて

*5:自分で作ったり買ったりするときはできるだけ肉を避ける。乳製品も卵もなるべく避ける。代替肉推し。という感じ。